メガネの取り扱い説明&注意事項


~メガネを安全にご使用いただくために~

誤った使用方法や、保管の仕方はフレームやレンズの損傷につながるだけでなく、事故やケガの原因になります。

正しい知識を持ち、メガネを安全、快適にご使用ください。




フレームの注意点



・ナイロン糸でレンズをつり下げる構造のナイロールフレームはナイロン糸の劣化により、糸が切れてレンズが外れたりすることがあります。1年を目安に点検を受け、必要に応じて糸の交換を行ってください(無料交換)

 

・ナイロン糸は、熱、衝撃などにより、切れることがあります。火のそばに置くことや、ぶつけたりしないでください。



・レンズに穴をあけて固定する縁なしフレームは、構造上、ネジのゆるみや枠の変形にご注意ください。

また、3ヵ月を目安に点検を受け、必要に応じて修理を行ってください。

 

・縁なしフレームは一般的なリム(レンズ縁)があるフレームと比較して、レンズが割れる可能性が高いフレームですので丁寧に取り扱ってください。

 

・縁なしフレームのネジの保護ナットが外れたままでご使用になると、ネジで顔や眼を負傷する恐れがあります。保護ナットが外れた場合は、直ちに使用を中止し、当店もしくはお近くの眼鏡店で修理してからご使用ください。

 

※激しいスポーツ時における使用は危険ですので使用しないでください。


フレーム全般


・メガネの掛け具合が悪く、鼻や耳に無理な負担がかかる時は、再調整させていただきますので、ご来店ください。

 

・メガネをかけたままで、衣服の着脱や、タオルで顔を拭いたりしないでください。フレームがゆがんだり、顔面にメガネやパットが当たってケガをすることがあります。

 

・メガネをご自身で修理したり、分解や改造をしないでください。素材が劣化し、破損の原因になります。